世界最権威医療機関「WHO」が認定している「ツボ」がある?

Posted on 2015年7月29日 By

WHOが認定したツボ

沖縄県では、「琉大の医者(国立琉球大学医学部付属病院の医師)に診させたが
(沖縄では、「診て頂いたが」でも「診させたが」が通用します。方言であり悪意はありません。)ダメだった。」
とか言う言葉を葬式で聞くことがあります。遺族の言いたいことは、手を尽くしたが駄目だった。」と言う意味です。
つまり、最高峰の医療を得たが死に至った。と言うことです。

ここで、根本哲学を語るつもりはありません。深くは避けますが、生命は確実にに死ぬので、人間は、
自分の活動に、そうした死から逃れるためにの最高パフォーマンスを示すことがで来ます。沖縄県内でそれを求めるとき、「琉大」を終点とするのです。
そうすると、日本国内ではどの病院の医療を施させると、「手を尽くした」と言えるのかな。世界基準まで広げるとどこになるのかしらん?

多分、「WHO」と言う言葉が出ると思います。映画で、病気のパンデミックを題材にしたのがあって、
ここでは、世界最高医療機関としてWHOが登場しました。しかし、実態としてのWHOはありません。「機関」の名前です。
だから、「WHOに診させた」はありません。ところが、この機関の発言は重大です。いわば科学的見解でもった「お墨付き」となります。

WHOが示した「ツボ」があります。数回修正があったので、検証作業があったような印象を与えます。
で、WHOが現在お墨付きで示している「ツボ」が存在します。くどいですが、科学者集団の世界権威のお墨付きですから、ないがしろにしてはなりません。

WHOが認定したツボ

WHO公認「ツボ」の数は伝統医学では354個とされているが、361個であり、そのうち「奇穴」は250個以上ある。
国際呼称としてアメリカ合衆国の表記法を使用する。(3文字、頭をアルファベット、残り2字を数字とする。)こうなっています。
つまり、私のような阿呆の発言とWHOのお墨付きのどっちを信用するのか。と言う、とんでもない不釣り合いな選択肢を用意したということです。
私自身、客観的にWHOを信頼、かつ、信用します。

現状はどうかと言うと、リチャード・ニクソン第37代アメリカ合衆国大統領中国訪問時の針麻酔脳外科手術画像はさておいて、
現在は、中国ですら善良市民に対する針麻酔外科手術は行われておりません。理由は不可能だからです。
つまり、絶対嘘を付かないWHOは悪魔のように賢い頭脳集団組織であること、
世界の警察官長の見聞は奇跡的稀な事実を運よく「見た。」言ったということです。

未分類